いずみの学校高等学園通信

『NPO法人シュタイナースクールいずみの学校 高等学園』です!               コメントをご覧になる場合は、”comment" をクリックしてください。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

測量実習 :: 2012/03/31(Sat)

DSCF1263_convert_20120331093501.jpg

去年の7月の話をひとつ。

学校の授業で測量実習がありました。
サインコサインの勉強です。

三角比を使って山の高さを求めます。

P3310017_convert_20120331082159.jpg

P3310018_convert_20120331082241.jpg

実際に、山の斜面の距離と区切った地点ごとの角度を測りました。

海からのスタートです。
ゆくゆくは学校裏の小花井山山頂を目指します。

真夏の真昼の授業なので、日光が黒髪の頭に照りつけます。
帽子がないと熱中症になりそうなくらいです。
女の子たちの日焼け止めクリームを塗りたくる行動が、授業前の儀式となりました。

測量はチーム編成です。
角度を測る者、機器を支える者、記録する者、距離を測る者、棒を持つ者の5人が最低必要です。

DSCF2248_convert_20120331093928.jpg

DSCF1349_convert_20120331093635.jpg

DSCF1344_convert_20120331081949.jpg

アナログ作業なので、角度や距離に誤差がでてしまう可能性が高くなります。
そこで、クラスメート11人を2チームに分け、別別のコースの測量に取り組みました。
最後にこの2つの計算データの平均を取ろうという作戦です。
私はこだまちゃんチームでした。
つい惚れ惚れしてしまうかわいいネーミングでやる気アップ!

町の測量は、急な坂も少なく、暑さを我慢するだけで済みました。
たまに、「なにしてるのー?」と声をかけてくれるおじさん、おばさん、
とことこ歩いている猫ちゃん、
空を飛ぶヘリコプター、
などなど、小さな発見や出来事も手伝って楽しいひと時でした。

山の測量は、きつい坂と強い日差しにもまれ、決して楽しいひと時ではありませんでした。
頂上までの登山道がないので、自分達で道を開拓しなければなりません。
四方八方に茂る笹薮を切り開き、大量の蚊に皮膚を噛まれ、溢れ出す汗にも負けず、私達は前へ進みます。
まるで、北海道開拓をした屯田兵になった気分です。
薮の中では、葉や枝が邪魔をして測り辛いこともありました。
小雨の降る日には、レンズに水滴が付き、作業停止する場面もありました。

DSCF1262_convert_20120331081808.jpg

DSCF1353_convert_20120331093734.jpg

様々な困難に襲われましたが、最後には無事、2チームとも頂上に到着です。

DSCF1359_convert_20120331082023.jpg

頂上の札が細々と立っています。
ゴールに立った瞬間、達成感を感じました。
ちょっとずつ、でも確実に、山頂へと進めて本当に良かったです。
みんな笑顔で下山。

それでは、調査結果の発表。
私達が打ち出した小花井山の高さは、403,02メートルでした。
これは、正確な山の高さである418,30メートルの-15,28の数値です。
たった-15,28だけで誤差を抑えられました。
大成功!!!

デジタルではなくアナログでも山の高さを求められるんですね。
スポンサーサイト
  1. ブログ
  2. | comment:1
<<タイトルなし | top | 10年演劇>>


comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/05/26(Sat) 15:18:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。